ライティングさん

特に「光速」の異名など持たず重力を自在に操らないエディタ

先日見つけた校正サイトを適用しました。
「設定」で使用校正サイトに指定すると、校正ボタンを押したときに既定のブラウザで開きます。
→プレスリリース校正ツール - ValuePress! [プレスリリース配信・PR情報サイト]

すべての校正サイトについていえることですが、ソフトがやっているのは本文枠内のテキストをクリップボードに送り、校正サイトをブラウザで開いているだけです。
ご自分でクリップボードの内容をページにはりつけて、校正サイトを手動で利用してください。

ご興味があれば、トップページからほかの情報を読んでみてもいいかと思います。
ライターをしている方ならきっと参考になるサイトです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

「校正サイト」というよりは「いちサイト内の校正機能を持つページ」ですけど。
本来ならばサイトのトップページにリンクをはるのが礼儀なんでしょうけど、利便性を考えるとツールのあるページに直接リンクしたいので…… ごめんなさいね。
→プレスリリース校正ツール - ValuePress! [プレスリリース配信・PR情報サイト]

これまで何度か紹介した校正ツールでも使われていた、Yahoo!デベロッパーの機能を使ったものです。
やっぱり、得られるチェック項目は同じで、出力結果のページデザインが違うだけなので、お好みのものを使ってくださいね。

私は今回ご紹介したこのページのデザインすごくいいと思います。
まず、指摘されている場所がどのへんかすぐにわかる。
そして、指摘内容はカーソルを合わせるとポップアップされるので、項目が多くても出力ページが冗長にならない。

これすごく重要だと思うんですよ。
元のデベロッパーが仕様変更したのかもしれないけど、間違ってないものに対してわざわざ「この変換はこういう場合に用いる」ってのも全部指摘してくるんですよね。
うん、そのつもりで使ってるんでほっといて。
設定で指摘レベルをいじれるサイトもあったけど、それはそれで間違ってるときに指摘してほしいケースもあるから不安ですし。

しばらく使ってみてよさげなら、ライティングさんから直接リンクしたいなと思っています。
ページへのリンクフリーってかいてあったし。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ